ピグマリオンの教育方法

人類の知性獲得の歴史

ピグマリオン学育メソッドは、人類の知性獲得の歴史に順じて習得できるよう体系的にまとめられています。教えるのではなく 自ら学ばせるという方法で、3才から小2の子どもに適切な刺激を与えると、70から80%の子どもは小2から小3までに、小6までの カリキュラムを終了することができます。

知性とは、人類が創りあげた現実を認識する方法を体系化したものです。それは、指先→空間→図形→数論理→言語→社会性という 順番で認識能力を高めながら発達していきます。

ピグマリオン学育のカリキュラムには、1回のレッスン中に必ず(1)から(5)の能力開発を取り入れています。既存の教育法にありがちな 覚えさせることや暗記させるだけの指導は、高い能力を発達させるためには有害です。

では、どうやって高い能力を育成するのでしょうか。ピグマリオン学育の能力育成法を簡単に説明いたします。

指先能力の育成

ピグマリオン教育に
ついて

ピグマリオン幼児教育メソッド 心と知性の両方を創りあげる