幼児教育ブログ

年長クラス ある日のレッスン内容(1)

ピグマリオンでは、すべての授業を保護者の方に公開していますし、視察や見学に訪れる方もたくさんおられます。ピグマリオン独自の学習法を見て、 みなさんから「目からウロコが落ちた」「なるほどこう指導するのか」と驚きの声があがります。授業を隠したがる学習塾や教室は多いのですが、ピグマリオンではそのようなことはありません。

私のブログを読まれている方にも、ピグマリオンの授業内容を知っていただきたいと思い、10月6日の年長クラスのレッスン内容を少し紹介させていただきます。

 

(1) 見えない積み木の数

見えない積み木の数を数えるのではなくて、前後、上下、左右に構成把握して積み木を捉えさせる問題です。見えないというよりは、隠すという考え方で解答させています。

年長クラスレッスン見えない積み木

 

(2)積み木の見取り図

積み木を5方向(前・後・上・左・右)から見ると、どのように見えるかを考えさせて、3次元空間を頭の中に育成する問題です。設計図によくあるような、平面図・正面図・側面図の書き方です。

年長クラスレッスン積み木見取り図

 

(3)最少数の積み木

積み木の見取り図の平面図・正面図・側面図から、積まれている積み木の数の最少数を考えさせる問題です。中学校受験では、4年生以上で必ず出てくる問題です。

年長クラスレッスン最少数の積み木

ピグマリオンで学ぶ子どもたちは、年長でもこれだけのことができます。積み木は三次元空間能力を伸ばすための最適な問題の1つです。空間能力の重要性については、ピグマリオンのHPにあるメニュー「ピグマリオンの教育内容」の中の「空間能力の育成」をご覧ください。

ピグマリオン学育研究所 ピグマリオンの教育内容 http://www.pygmalion.co.jp/about.html

 

その他のレッスン内容は、明日紹介します。

 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ ブログランキング参加中!よかったらクリックお願いします

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ