幼児教育ブログ

◇教師の楽しみ⑤ 年中のK・Hくん

 何処よりも凄いピグマリオンのカリキュラムを超えていくこどもたち②

 名古屋の駅前教室から、江坂教室に移ってきた、年中のK・Hくんは、 10000までの数量認識と加減暗算能力が抜群。

 図形能力も、空間能力も、構成把握能力・全体把握能力・合成分解能力も、年長レベルとしては、完璧です。

 能力を高く育てた子どもには、より高い能力を育てる環境を与えるべきなので、彼には、新年度から、小1クラスに来るように申しました。

 このように、どこよりも凄いと言われるピグマリオンのカリキュラムなのに、そのカリキュラムを超えていく子どももでてくるというのは、驚きです。凄いの一語につきます。

 これらの子どもの保護者の方たちは、『ピグマリオンを卒業したあとは、どのようにしたらよいのだろうか?』と、思われることがあるといいます。 本当に凄い子どもたちは、大人を超えているのですから、その後のことは、自分で考えてくれることでしょう。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 左のボタンをクリックして応援してね! ブログランキング参加中です!

ブログトップへ