幼児教育ブログ

教えることができるという誤解

長い年月私たちは、教えることができるという誤解の中で生きていたように思います。

妻にも夫にも子にも親にも部下にも教えることができないということを感じて来ているはずなのに、学校や塾や教師達に教えてもらえるという誤解をしてきたように思います。

 名門の中学校も高校も大学も塾も予備校も、生徒を賢くしてはくれないということに、気づいてください。

 名門と言われる学校には、優秀な生徒は集まりますが、優秀な教師がいるわけではなく、学校が優秀にしてくれることはありません。

 自分を優秀にすることができるのは、自分自身しかいないということに思い至るなら、あらゆる能力は、自分が創造するしかないということに気づくはずです。

 だから、本物の教育者は、子どもの能力の創造を助ける人であって、能力を作る人ではないのです。

 子どもが自ら創造するに必要な知的刺激をカリキュラム化した、新ピグマリオン学育メソッドにご期待ください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 左のボタンをクリックして応援してね! ブログランキング参加中です!

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ