幼児教育ブログ

今までの活動をまとめあげる段階に来たようです。

 私たちは、子どもたちに、このような社会や教育や文化しか与えられないという自分たちの至らなさに目を向けることを忘れてはいけません。

 ボランティアで子どもたちを救うということとともに、教育内容、教育制度、教育に関わる人について、根本的に変革が必要なときに来ているように思われます。

 小学校高学年にもなれば、高い知性と、社会人になったときに必要な能力を育てる準備を始める必要もあるのではないかと思います。

 18才で選挙権があるということは、18才で大人であると言うことであり、大人とは、自らを正しく持することができる人というのが、前提なのです。

 つまり、18才で大人になるための教育制度に変革すべきだと私は思います。

 ですから、ピグマリオンノブレスが、小6で中3、中3で高3終了を目標として活動する理由があるのです。

 早い目に、社会で通用する最低の能力を育て、社会や会社の中で、その能力を磨き上げていくという教育制度にしていくことが、教育と社会と文化と人間の再生につながっていくと確信する次第です。

 ㈳子どもと未来の貝、㈳思考力教育学会、日本青年会議祖所属の経済人、地方の市長・議員達、外国の大使・大統領・経済人・大学教授・理事長、以後・将棋の九段、全日本レベルのサッカー・ラグビー選手などがネットワークすることができるようになった現在、皆様の協力を得ながら、ピグマリオン学育研究所グループは、そのための活動をはじめます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 左のボタンをクリックして応援してね! ブログランキング参加中です!

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ