幼児教育ブログ

何回かにわたり ピグマリオン学育研究所の顧問 石井氏の文章 を載せます  第4回 - 1

人口知能(AI)時代に必要な教育を考える その1 AI時代とは何か

+

現代は、人工知能(AI)が急激に発達する時代に突入すると言われています。そして、AIがどんどん進化する時代に、果たしてどのような力が必要か、そしてそのためにはどのようが教育が必要かについて、考えていきたいと思います。今回は、「AI時代とは何か」と題して取り上げたいと思います。

+

AI時代棋士の華々しい誕生

+

中学三年生でありながらプロに転向し、破竹の29連勝を遂げた将棋の藤井聡太四段。その華々しいデビューは、とても鮮烈で、若い世代の無限の可能性を感じさせる、希望溢れるニュースでした。藤井四段の才能もさることながら、この快進撃の裏には、AI(人工知能)の活用があると言われていることも注目のポイントです。

AIの発達は目覚ましく、将棋やチェス、さらには囲碁においても人間の能力を超えたとされています。藤井四段は、AIならばどういった指し手があるかを研究し、それを実際に自分のものとして取り入れて、更に強さを増していったそうです。連勝も一段落しましたが、AI世代の新たなスタイルの棋士が、今後どういった活躍を見せるか、とても興味深いところです。

一方で、このAIの発達は、私たちの生活に、今後どのようなインパクトをもたらすのでしょうか。換言すれば、AIが発達した社会を生き抜くためには、どのような力が必要なのでしょうか。その答えを知るためには、AIとは何か、その特徴を理解すること、その前に、人類がいかに道具を使って発展してきたかの歴史をたどってみる必要があるように思います。

+

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 左のボタンをクリックして応援してね! ブログランキング参加中です!

ブログトップへ