幼児教育ブログ

学校教育に何ができるか?②

学校教育に
何ができるか?

何もできない。

学校や先生に、
何が期待することが
できるか?

期待しては、
ならない。

貧困家庭が、
六分の一とか、
七分の一とか。

子ども食堂が、
数千ヶ所できた。

これらの原因は、
教師や役人たち、
日本社会のかじ取りたちが
かじ取りに失敗し続けているから。

政治家も経済人たちも、

日本社会を何とかしたいなら、
幼児教育から
改善して
第四次産業革命に対応した、
日本人を創るしかない。

三十年前には、
電卓にさえ驚いていた中国、
初任給が、月額42万円以上。

お金のことを言っている
のではありません。

教育のことを言っているのです。

自分の子どもや孫たちに、
今から、時代に対応した
教育が必要なのです。

ピグマリオンには、
その用意をあります。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ