幼児教育ブログ

オリジナル教材、教具がない教育は、教育目的を持たない①

学習塾や幼児教室のほとんどが、
自社のオリジナル教材教具を
持たないが、
そのような教室は、
ほとんどが教育目的を
持っていません。

なぜなら、教育は、
ある1つの目的のためになされるのであり、
その目的遂行のために、
教材と教具が作成されるのだから、

例え、高邁な目的を掲げても、
目的に至るための道筋が
曖昧になってしまうからです。

知識をたくさん覚えるとか、
計算ができるとかは、
教育の目的にはなりません。

それらによって、
人間性が育つことがないだけでなく、
低い認識力、誤った思考回路が育つ
危険があるからです。

また、それらは、
コンピュータ時代には、
必要性が薄い能力です。

人間教育の目的は、ただ1つ。
人間性の育成です。

今、学んでいる内容が、
子どもの知性と人間性を育てる上に
どのように役立つかどうかです。

教室の責任者が、
子どもの知性と人間性作りを語れないなら、
どこの小中学校に何名入学したとか、
成績が上がったとかしか語れないなら、
保護者は、そのような教室を
やめるべきです。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ