幼児教育ブログ

教育を見よ①

何もない国、
何もない人々は、

何もかも無くしてしまった時、
教育に注目して、
人間づくりをすることを
目指した。

小林虎三郎、
吉田松陰、
リークワンユーのシンガポール。

ユダヤ人、華僑、客家など、
流浪の民も、己を高めることに
邁進した。

人間は、
いかなる時にも、
自分を高める能力を
持っておかなければならない。

我が子達に残すもの、
国を継ぐもの達に残すものは、
財産や資源ではない。

高い知性や感受性や
洞察力や問題解決能力、
慈悲深いゆたかな人間性である。

そのような人間を
たくさん創るには、
素晴らしい幼児教育が
もっとも効果があると思う。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ