幼児教育ブログ

筆算を強要する算数指導が数量感を潰している

3十、3百、3千、
3㎝、3秒、3km。

3が共通しているが、
数量はまったく違います。

量単位がついて数は量になり
現実的になります。

数だけの世界など
現実にはありません。

現実的でないものを
教え込んで、
それで現実を理解させようとする
方法には、無理があります。

大人になって、
生活に役立たない
筆算や面積の公式など
無駄どころか
害があります。

小学校、中学校の内容など、
9年間もかけなくても、
5年間で、
今以上の成果をあげれます。

できないのは、
できない人が
教師をしているからだけが
理由です。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ