幼児教育ブログ

半減する日本人口を阻止し、無くなる日本精神を呼び戻す①

大学を卒業する若者が、
50パーセントを下回り、
子どもを生み育てる収入も
安定した職場が得られないのは、
若者たちの責任なのでしょうか?

大学卒業率の世界平均は、62パーセントです。

これは、
日本人全体の問題であり、
責任なのではないのでしょうか?

優しさとは、
他者を思いやり慈しむ心情。

優しさが無くなる日本が、
優しさの充満した日本精神を
取り戻すためには、
学校教育の抜本的改革しかありません。

まず、高度な教育内容にし、
スキルを高めて人間性も育てる。
フィンランドの様に、
上位10パーセント以内の偏差値の人間だけを
教師にする。

高度な内容を指導できる人だけを
教師にするしかないのです。
教師に合わせた低い内容の
教育内容が今の日本を生んだのです。

2才児以上から5才まで
保護者と共に、
週2〜3回、
1回2時間レッスンを
義務教育化すれば、
社会的諸問題の多くは
解決するでしょう。

あのシンガポールは、
リクワンユー氏が、
資源もない国を
教育だけで
アジア1の国にしたのです。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ