幼児教育ブログ

学校の教師は、子ども達が出会う最初の他人の大人なのだ①

学校の教師や校長先生が、
子どもが最初に出会う
家族ではない
最初の他人の大人なんです。

この大人達は、
子どもたちにとっては、
社会を代表する大人であり、
大人と言うものは、
どんな風に生きているかを
見せつける事になる
人生を左右するかもしれない
大人達です。

この大人達が素敵な大人であってほしいと
誰もかれもが思っている事でしょう。
皆んなで、
学校や学校の先生は、
素晴らしい大人しかならないような
教育体制を作る運動をおこさないと
いけないように思います。
フィンランドのように。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ