幼児教育ブログ

50年以上前の本を読み、私の考え方の原点を見つけた②

ピグマリオンでは、
数の考え方、捉え方を、

まず、

①1と2の区別。
②たくさんを意味する3
③2と2で4。2と3で5。
④3と3で6。3と3と3で9。
3と4で7。4と4で8。5と5で10。
⑤5より1少ない4。5より1多い6。
5より2多い7。5より3多い8。
5より4多い9。10より2少ない8。
10より1少ない9。5と5で10。
と、考えさせて捉えさせます。

これは、この本から学んだものに
違いありません。

人類がどのように数の考えを獲得し、
それを発展させていったかを
調べる方法の中に、ヒントが
ありました。

私の数の指導の順番は、
現在も生きている未開人の数の考え方や、

英語やサンスクリット語やペルシャ語の中に
残っている数の意味の中から、

エジプト数字、楔形数字、ローマ数字や
漢数字の中から

創り出されたものだったことが
はっきりしました。

それらを整理して、
整合性を持たせて、
教具も作って学びやすくしたものが、

ピグマリオン数学メソッドの基礎に
なっていることを
発見しました。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ