幼児教育ブログ

乳児講座③サイクル交換はすごい!

サイクル交換とは、
赤ちゃんがお乳を飲む時に行う、
次のような行為を言います。

赤ちゃんは、
お乳を飲む時に、
長い間吸い続けるということはなく、
約25秒間は吸い、
約14秒間は休むという行為を
繰り返します。

これをサイクル交換といいますが、
休む間の約14秒間は、
吸うのをやめた赤ちゃんにお母さんが気づくのにかかる、最初の約3秒間、
お母さんが赤ちゃんをやさしく揺する数秒間、
揺すり終わった後、吸い始めるまでの約3秒間に
分かれます。

赤ちゃんの視野は、
瞳と瞳の幅と、30〜40㎝しかありません。
赤ちゃんの視野に入るように顔を近づけて、
サイクル交換の時、
優しい声と眼差しで、
「あなたが好きよ」と必ず言ってください。

赤ちゃんが生きていくために必要な
授乳のような自然な流れのなかで、
精神と知性を育てるようにしましょう。

つまり、
愛に包まれた環境の中で、
乳児を育てるようにするのです。
静かで安定した精神を育てることが、
この時期の最大目標になります。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ