幼児教育ブログ

子どもに算数、数学を指導する教育法と指導者が問題です①

学校と
その先取り幼児教育や
学校教育の補完サービス学習塾が、
大多数の子どもたちの
低脳化を進めてきました。

彼らと保護者の大半は、
低脳化された教育しか受けていないので、
以前からあり大組織となった
低脳化拡大教育産業を
支持して、子どもも入会させます。

だから、
ドンドンと低脳化が進むのです。

しかし、
最近は、
学校への幻滅を語る保護者も増え、
なんとかならないかと、
憂える保護者や教育者も増えてきました。

集合論を始めとする、
IT時代の数学を、
平行線の交わる、
現実的なリーマン幾何学を
子どもたちに与えてやりたいと
思いませんか?

算数脳ではなく、
現実的な現代数学脳を
子どもたちにプレゼントすることが、
保護者の最大の愛の1つであるように
私は、思っています。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ