幼児教育ブログ

ベビーピグマリオン講座について①

待望の赤ちゃんが生まれてきて、
喜びと共に、
大きな不安に襲われる。

この大切な我が子を
どのように育てたら良いのか?

中には、
取り扱い説明書が
生まれたと同時に、
でてきてほしいとまで
言う人もいました。

親子関係も
創造するものだから
頑張ってくださいと言うには、
任すのが不安な人が多すぎます。

子どもが生まれる前の
2〜3カ月前から、
まず、2歳児までの
肉体的精神的知的発達段階を
だいたい理解して、
子育てに臨むべきなのに、

行き当たりバッタリで
感情的に子育てをしている。

赤ちゃんを如何に育てるかは、
ただ親や祖父さん祖母さんに
関係するだけでなく、
赤ちゃんの友人や配偶者や社会に、
より関係があります。

赤ちゃんをただ可愛がるだけでなく、
赤ちゃんを立派な人間に育てる
責任が、
子育てには
付きまといます。

市町村や都道府県は、
「赤ちゃん課」を設けて
積極的に子育てサービスを
行ってほしいと思います。

ピグマリオンに
ベビーピグマリオン乳児講座を
設けるのは、
日本全体に
そのような気運を生じさせたいからです。

日本全体で、
赤ちゃんについて語ることは、
幼児や子供や学生や大人を
語る端緒となるでしょうから。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ