幼児教育ブログ

ピグマリオンの国語講座の製作者、中川博士と伊藤の講演会。

11/6(金)伊藤恭第一回対談イベント。


ピグマリオン論説紙芝居国語製作者
中川博士対談とのイベントを開催します。
ピグマリオンの国語教材の一つ
「論説紙芝居国語」を作成していただいている
中川博士とオンライン対談イベントを行います。
国語教育とは文法や漢字を覚えたり、文章題を解いて入試やテストに備えるためのものではありません。
国語力とは思考するため土台であり、言葉や文章で自分や他者と対話するための力です。
今回は「ピグマリオンではどのように国語力をつけていくか」をテーマに対談します。
 日時:11/6(金)13:00~14:30 @ZOOM
 テーマ:国語力とはなにか、
     ピグマリオンの国語教育の考え方
 お申し込みはピグマリオンHPより
受け付けております。
http://www.pygmalion.co.jp/news/2020/10/post-81.html
現在、乳児や幼児の講座を再編していますが、その中で改めてわかったことがあります。
多くの親は子どものために教育していると考えています。
しかし、子どもは勉強をしている、教育されていると考えていることはありません。
子どもは大好きなお母さんやお父さんと一緒に遊んでいるという感覚です。
教えるのではなく、学びあう親子関係作りがピグマリオンの目的の一つです。
子どもが持つその感覚を知った上で、親は子どもに向き合う必要があります。
ピグマリオンの教材は親子で遊んだり会話をしたりする、親子関係を創るための一つの媒体です。
ぜひ、ピグマリオンの国語教育についてお聴きください。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ