幼児教育ブログ

東アジア的教育からの脱却を。

アメリカの中央情報局Central Intelligence Agency . による2021年の世界出生率で、世界最低は台湾だそうです。

つまり、若い人たちが子どもを産みたがらないのです。

子供には金がかかる。台湾に未来がない、色んな意見があります。しかし、その一端には、受験地獄、テスト責め、東アジア的な師弟関係、親子関係に起因する伝統教育があるのではと、おもわれます。

因みに、ビリ5ヶ国は、香港、マカオ、シンガポール。韓國、全て東アジアにあります。

佐藤学さん、李雅卿さんも言ってますが、学びの共同体、自主学習プロジェクトは、東アジア的な伝統教育からの脱却であり、ピグマリオン と軌を一にする教育改革運動であると思います。

今、日本、台湾、中国、スリランカで、ピグマリオンの教育改革が進んでいます。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ