田園調布教室

5作りゲーム

4月から入園の生徒さん(男の子)と5作りゲームをやりました。

「よーいどんで、合わせて5になるカードを見つけてね。先生と競争だよ~。」

親子カード.jpg

すると、今日はちょっと眠そうに入室した生徒さんも途端に目がキラキラ。
たくさん見つけるぞ、と真剣な目に変わります。

 
ピグマリオンでは5の数を認識をとても大事にしています。

「先生あったよ、1と4で5だね」
「2と3で5もできた!」

ピグマリオンの生徒さんたちは、カードやウッディブロック、プリントなどをしながら
自然と5の合成が身についていきます。

1~5 合わせていくつ.jpg

 

2+3=5を暗記のように教えたわけではありません。
数量感で捉えているんです。

そして、1.2.3.4.5.......と数えたりもしません。
数えなくても、絵を見たら瞬時に数を把握することができます。

そして、5までの数が捉えられるようになると、10までの数の把握も簡単にできるようになります。

 

次回のレッスンでは、2と2と1の3枚のカードで5になることにも
気付いて欲しいな~と思っています。

自分で問題を解決するチカラが育っているから、きっと発見してくれるよね!

ブログトップへ