大阪本部・江坂教室

カモシカパズル特別版(1)ミニサイズで作ってみよう

オンラインレッスンの期間中、思考力学材の1つ『カモシカパズル』を使って、みんなで新しいチャレンジをしてみました。いつも使ってる木の枠を使わずに、生き物の形を想像して自由に作ります。

下の写真は、お手本として少ないパーツで作ってみたものです。何に見えますか?

--neko001.jpg

-

答えはそう、ネコです。では、なぜそう見えるのでしょうか。

ネコの特徴が何かを考えてみます。

ネコといえば大きな三角形のとがった耳。そこを上手に表現できればネコの顔に見えてきます。あとは長いしっぽもネコの特徴ですね。

ーー-neko1.jpg

-

では次はウサギを考えて作ってみます。

どうすればウサギに見えるでしょうか。ウサギの耳は長い。じゃあ長くしよう。

ん〜どこを動かそう...。ウサギのしっぽは短いな。じゃあしっぽを短くしてみよう。

2つの小さな三角形があまりました。これを耳につけたすと耳が長くなりました。少しずらすともっとウサギっぽくなりました。

--usagi001.jpg

-

このように、少ないパーツでも生き物の姿を想像し、上手に特徴をとらえることができればだんだんとその生き物の形に見えてきます。

ーーusa1.jpg

同じように、ネズミやイヌも作れます。ぜひお試しください。

次回のカモシカパズルブログでは、もっとたくさんのパーツを使って挑戦します。

どんなものができあがるでしょうか。

-

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ