香港本部・香港教室

使われない脳は退化していく

前回は何で創りあげた能力かということのお話でしたね。

幼児教育の方法としては、好ましい環境をつくってあげることが大切です。

石器時代の赤ちゃんは、石器時代の親たちが育てたので、一人残らず、

石器時代の人間になって終わったのではないでしょうか。

あの中には、ベートーベンは、出てこなかった。

素質が、才能の根本ならば、出てきそうなものなのですが。

~伊藤恭「本物の幼児教育とは」ピグマリオン2002年~より

幼児期の脳はよくまっ白のキャンバスのようだ!スポンジのように吸収する!

と例えられておりますが、

私はまったく逆だと考えており、

五感を伝わりたくさんの刺激が脳を活性化させ、

それで使われないものは退化していくのではないかとおもうのです。

・・・この続きは、また次回にいたしますね。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ