香港本部・香港教室

「言語能力とコミュニケーション能力」

前回はコミュニケーション能力の育成が、言語教育の目的であり、

幼児教育全体の目的というお話でしたね。

こどもへの言語指導は、文章や意味のある文でなければなりません。

断片ではなく、まとまった文や文章など、全部を与えなければなりません。

全部を与えることは、意味を与えることです。

英語教育が、なかなか効果を上げないのは、

コミュニケーションの道具として使う必要性がないからでもあります。

~伊藤恭「本物の幼児教育とは」ピグマリオン2002年~より

やはり部分習得を繰り返すだけでは成長に限りがありそうですね。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ