香港本部・香港教室

心の目

見つめることは考えることだ   サルヴァドール·ダリ

ステレオグラム4は心理学者のクリストファ·タイラーが、両眼視の研究をするなかで偶

然発見したものだが、そのはるか以前から、人間は目の錯覚に魅せられてきた。平行線な

のに交わって見える図とか、同じ長さの直線なのに、両端につけた矢印の方向によって長

さが違って見える図などなど。

錯覚は人を面白がらせるだけの存在ではない。西欧哲学は何世紀にもわたって、錯覚を

思索の対象としてきた。

さて、我々は、二次元像のもとになった物体を、驚異的な正確さで知覚させてくれるのはなぜでしょう。楕円形を正面から見ているのか、円を斜めから見ているのかわからない場合、

視覚は、いくつかの前提を設けることによって、立て方の悪い問題を解決可能にします。

子供たちが経験する過程で身を置いた全ての空間で、平均的に見てどのように成り立っているか、ということについての知識(体験する事が何より重要)が、それを可能にします。

海、川、山は、立体図形の宝庫です。是非、お子さんと楽しんでくださいね。

AdobeStock_235161274.jpeg

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ