教室案内

千葉本部・柏教室

新しいパンフレットの『内容がすごい!』

スーパーピグマリオン千葉本部柏教室です。

開校1ヶ月間の「入会・体験授業・問い合わせ」の理由は、1.HPを見た 2.以前からピグマリオンのウワサは聞いていた 3.すでに通信教材を利用していたが、自分で教えるのに行き詰ってきた 4.関西のいる知人から紹介された 5.教室の近くを通りなど、でした。しかし、最近は「地域情報誌・柏市私立幼稚園向けの保護者配布情報誌を見た」という問い合わせが急増しております。毎週数件は、体験授業があるという反響ぶりで、子どもの将来を真剣に考えるご家庭の思いが強く伝わってきております。

IMG_0150.JPG

私自身、子どもたちとのレッスンの中で、子どもたちと一緒に『学びや成長』を体感させていただいております。子どもたちが新しいことを創造するとき、すでに自分のものになっている『能力』を使って、新たなことを『創造』しようとします。しかし、これまで数多くの子どもたちと接していると、うまくできる子とそうでない子がいます。なぜそうなるのか、理由は子ども一人一人の能力に関係なく「先生や大人が、ただ教えるから」です。教えると、理解せず覚えるという方向に進みやすくなります。ピグマリオンでは教えることをせず、『子ども自身が、ものごとを感じるチカラ(全体把握能力・関連付け・法則性など)』を育てていきます。子ども自らが世の中にある関連性や法則性を感じることにより、暗記という作業を遠ざけていきます。このスタイルが新たな「刺激⇒創造⇒能力」へのワクワク感(探求心)につながっていくのではないかと感じております。繰り返し覚えるといった間違った先取り教育は、一度やったことを再現できるようになっただけです。点数がとれたというヘンな成功体験が「覚える(=忘れる)」といった学習プロセスを正当化します。知識や技術を覚えるしかないので、年齢が低いほど「レベルの低い能力が固定化する」ことなり極めて危険です。また、一度あじわった成功体験(高得点)を絶対視しようとする呪縛から抜け出すことができなくなり、間違った思考プロセスを変えることが困難になります。 

スーパーピグマリオン教室「新規パンフレット」の内容より(スーパーピグマリオン教室資料WEB公開中-ご参照ください-)

教えるという方法は、「知識や技術を記憶する・忘れないでおく」という程度の能力育成となり、AI(人工知能)化が進む中、そのような能力は意味をなさなくなります。『豊かな感性と高い知性を育てるのは子ども自身』であり、教える教育には限界があります。「刺激が反射に、反射が対応に、対応が能力になる」その全ての段階で、能力の『創造』が行われます。ピグマリオンは、高い能力を自らのチカラで『創造』するお手伝いをいたします。

(スーパーピグマリオン千葉本部柏教室 0120-760-415 なろう よいこ)

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

記事一覧へ

ピグマリオン教室の新着ブログ