大阪本部・中百舌鳥教室

風姿花伝『七歳』~「能」の家本の秘伝~

古文の本を読んでいて、

風姿花伝『七歳』に衝撃を受けました。

伊藤先生の指導法に相通ずるものを感じました。

1400年ごろに世阿弥が書き記した「能」の教育書です。

「能」の家本に代々伝わる秘伝中の秘伝。

現代の幼児教育にも通じる素晴らしい指導法です。

(原文)

この芸において、おほかた、七歳をもて初めとす。

このころの能の稽古、必ず、そのもの自然としい出だす事に、

得たる風体あるべし。

舞・働きの間、音曲、もしくは怒れる事などにてもあれ、

ふとしい出ださんかかりを、うち任せて、心のままにせさすべし。

さのみに、よきあしきとは教ふべからず。

あまりにいたく諫むれば、童は気を失ひて、

能、ものくさくなりたちぬれば、やがて能は止まるなり。

ただ音曲、はたらき、舞などならではせさすべからず。

さのみの物まねは、たとひすべくとも、教ふまじきなり。

 大場などの脇の申楽には立つべからず。三番・四番の

時分のよからんずるに、得たらん風体をせさすべし。

現代語訳(口語訳)

この芸では、だいたい、七歳をもって

稽古を始める年齢とします。

この頃の能の稽古は、必ず、

その子が自ら、気のおもむくままにやる事の中に、

その子が生まれつきもっている芸風の片鱗があるものです。

舞や動作の間、音楽的な要素、もしくは怒りの演技などであっても、

子どもが、ふと、自らやるであろう様子を、まかせて、

彼の心に思うようにさせるのがよいです。

そうむやみに、これが正しい、これが正しくないと

教えるべきではありません。

あまり厳しくいましめると、子どもはやる気を失って、

芸を稽古するのがおっくうになってしまい、

やがて、芸の上達は止まってしまいます。

「舞に潜む極意。基礎を徹底することが、最重要である」

「子供が自然とし始めるのを待つ」

「基礎は教えるが、詰め込み学習、作業学習はさせない

 枝葉の反復練習よりも、根幹を実感させる。

 なぜなら、やみくもな学習は、子供のやる気が無くすから」

ピグマリオンでは、

「能力は、講師が教え込むのではなく、子供に掴み取らせろ」

「勉強は、楽しくないと身につかない」

「親の過干渉が子供を潰す」

「自学自修の精神を身につける」

「何事も、自分で考え、行動する」

「何事も最後まで考え抜き、完遂する」

「心と能力を同時に育て、高い社会性を獲得させる」

「ノブレス・オブリージュ(高貴なる者の義務を果たす)」

などなど、幼児期の取り組みが、必ず将来の礎になります。

目先の即効性や小手先のテクニックに左右されず、

ピグマリオンで、しっかりと王道を進んで下さい。

親がどっしりと構えて、

最低3年は、ピグマリオンのカリキュラムに取り組んで下さい。

必ず効果を実感されることでしょう。

お楽しみに!

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ