神戸本部・三宮教室

保護者レポート ㉘ <年長K君>

神戸・三宮教室-  ご案内.png

土筆(3月).png

今月は親子共に精神的に余裕のない月でした。

私が仕事を始めたため忙しくなり、生活が変わったことが原因です。

ある程度は想定していたのでですが、子供たちの心のケアがなかなか思うようにできず大変でした。

朝は朝ご飯やお弁当作りなどの用意でいっぱいになり夕方は次の日の食事の下ごしらえや洗濯などこの1カ月椅子に座る暇もないほどでした。

そんな中、毎日私と息子の喧嘩が絶えなくなりついに見かねた主人が仲裁するという事態になりました。その時には、私は怒りっぱなしで息子は私を無視をするという典型的な悪循環に陥っていました。

もう私と息子では落ち着いて話をしてみても反抗心を持っているので話になりませんでした。

主人と息子の2人で話しをし、息子からは・失敗したことは自分でわかっているからママには言われたくない。

やろうと思っていることを言われるとやりたくなくなる。などその他にもいろんな不満が爆発していました。こちらとしては考えがあって言っていることではありますが、子供からすると自分の気持ちをないがしろにされているというところでしょうか。

「ママのことは嫌いにはならへんけど、毎日言われたら腹立つねん!」とも言われ、しばらくは私も「そんなこと言うたって!」とプンプンしていたのですが、落ち着いてくると童話の『太陽と北風』の『北風』のような接し方だったなぁと思いました。

そんな中でも毎日ご飯を炊いてくれて洗濯ものも干してくれたり怒っていても「ママのことは嫌いにはならへんけど」と言ってくれる息子は、「もう知らん!」とすぐに言ってしまう私よりよっぽど大人でした。

仕事と家事の両立にも少し慣れてきたので来月は『太陽』のように頑張ってみます!

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ