教室案内

東京本部・新宿教室

小学校受験塾との違い

「ピグマリオンは受験塾ではありませ。

 心と能力を同時に育てる本物の学育です。」

こう言うと、「どう言うこと?!」と思われる方も

いらっしゃると思いますので、

小学校受験塾との違いについて、具体的に説明します。

 一般的に、小学校受験塾は小学校受験に合格させることが

最終目的ですので、受験の出題範囲を徹底的に調べ上げて、

その範囲内の事を子供達に刷り込む様に反復学習させます。

「数」の問題であれば、「1から20までの範囲しか出ない」

「答えを数字で書いてはダメ」などの制約がありますので、

徹底的に20までの数を練習し、数字のかわりに綺麗な〇の

書き方を特訓します。集団行動や面接の対策に至っては、

基本的な行動指針や面接問答集を丸暗記させて、何度も反復

し、刷り込み学習を行い、子供達を受験職人に仕立てます。

 ピグマリオンでは、講師が教え込まない。自分で学んで育つ

「ピグマリオン学育」を実践しています。

幼児期から自分で考え行動し、論理的思考力や

やり抜く力(GRIT)を育んでいます。

具体的には、算数を切り口に

「高い社会性の獲得」を最終目標にしています。

「勉強は楽しくないと身につかない」

「本物の能力は自分で掴みとるもの」という考えのもとに

だいたい年少さんから取り組むと、ほとんどのお子さんが、

年長さんの秋ごろには、「4桁のたし算・ひき算」を修得し、

かけ算、わり算、小数、分数、と進み、小学校3年生までに

小学校6年間の算数が完了します。

 これは、別に先取り学習をさせているのではなく、

幼児だからと上限を決めず、算数の歴史の順番通りに

子供達に楽しみながら取り組ませることで、子供達自身が、

自ずと到達してしまうのです。

 この様にピグマリオンでは、講師や・大人が高圧的に上から

教え込む詰め込み学習や・反復学習・刷り込み学習は排除し、

できるだけ、様々な実体験を基に五感を磨き、幼児期から

自分で考え行動する習慣を大切にしています。

「三つ子の魂百まで」と言われる様に、

幼児期の取り組み方は、非常に重要です。

子供が成長し、大人になった時にその真価が問われます。

これからの時代、言われたことしかできない指示待ち人間

では、対応できません。明治維新以来、数百年に一度の大変革期

に差しかかったと言われる昨今。道なき道を切り拓き、解の無い

問題に積極果敢に挑んでいける人材が求められています。

 十数年後には、今ある職業の7割が消滅するといわれる

先の見えない時代です。こんな時に目先のテストや偏差値に

右往左往していては本末転倒です。

 我が子の将来を見据えて、今、どいう取り組みが必要なのか

よく考えてみて下さい。

ピグマリオン学育は、親が我が子に贈れる最高のプレゼントです。

 新宿教室では、体験レッスンを随時受け付けております。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしております。

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

記事一覧へ

ピグマリオン教室の新着ブログ