PYGLI英才教室

台風が迫る中、伊藤先生の講演会を行いました

昨日、東京本部主催で14回目の伊藤先生の講演会を行いました。141013講演会.JPG

台風19号の影響で開催が危ぶまれましたが、伊藤先生が大阪から台風の風に乗って?来られました。生憎の天候でもあり、4名のキャンセルがありましたが、来場の方々が真剣に聞き入る姿と伊藤先生のジョーク交じりの講演で、公演終了後、私に質問や個別相談される方も多く、会場内は悪天候を感じさせない盛況ぶりでした。

ご来場いただきました方へ、あらためて御礼申し上げます。

今回の講演は「立体認知能力の育成」についてが中心で、3次元的に捉えることの重要性と他の学習との相関関係などについて詳しく語られました。

学校教育において「図形を学習するのは、空間概念を養成するため」と文科省立体認知.JPGも語っていることを皆様ご存知でしょうか?・・しかしながら、その実態は名称や特徴を覚え教科書の問題を解けることに止どまり空間概念=3次元的にこの世を捉える能力育成とは程遠い内容となっています。超難関中学校の受験において図形関連の難問も多く出題されますが、これを記憶やテクニックで補うことは、なかなか困難です。

教室に通う子供たちは、遊びと学びの中から空間概念を身につけていきます。

伊藤先生をに早く大阪へ帰ってもらうため(台風に立ち向かって??)その後の体験授業は、大幅に予定を変更し、体験授業希望者の多くを私が受け持つこととなり、重なる変更によって、ご迷惑や不快感を与えましたことを重ねてお詫び申し上げます。

また、次回講演会は未定ですので、体験授業をご希望の方はmail及びお電話にてお問い合わせください。

体験授業は、火曜日~土曜日にて日時調整の上、随時承っております。

 

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ