大阪本部・豊中教室

点描写のお話

数あるピグマリオン学材の中でとても大切にしている点描写。伊藤先生のブログや講演会でもたびたび点描写の重要性をお話しされています。

点描写は、全体位置把握能力や注意力や構成把握能力や図形形態認識能力や筆圧など様々な能力育成に効果があります。そしてもう一つ注目すべき点として観る力の育成(ビジョントレーニング)があります。ぼんやりとして眼球運動の遅い人、文章を飛ばし読みしたり、問題を読み間違えたりする人。また、以前新聞紙面でも記載されていましたが、学習支援を受けている人など様々な人に効果があるようです。

翔君0530.jpg

さて、現在豊中教室に通われている生徒さんの例ですが、先日初めて見取り図点描写にチャレンジしました。立体図形の見取り図点描写は、平行や垂直、空間認知能力などより高い能力が必要とされますが、見事に仕上げていました。幼児より通われているため自然と図形が描ける能力=図形が想像(創造)できる能力が備わってきているのでしょう。成長を感じ嬉しく思いました。

スーパーピグマリオンでは、カリキュラム改正により、今までの点描写に加えて鏡絵点描写、水面の絵点描写、90度回転点描写、180度回転点描写などが増えました。一日1題トレーニングしてもらうようにお勧めし、生徒の皆さんは楽しく能力を創造されています。

ten (3).jpgten (2).jpg

また、ご興味のある方は是非一度ピグマリオン 教室にお越しください。お待ちしております。

【豊中教室☏&FAX】06-6853-7615

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

ブログトップへ