教室案内

埼玉本部・浦和教室

最高の学習方法

IMG_1032.JPG

 

 学校などで学習してきたことを「先生知ってる?」と言いながら出題してくれる生徒さんがいます。

 自分が学んだことを誰かに教えなければならない状況に置かれると、新しい情報を吸収する能力は高くなるそうです。

 頭の中で情報をうまく整理し、より正確に記憶し、学習した情報のなかでも特に重要な部分を覚えられる様になるんだそうです。

 ある研究では、被験者を2つのグループにわけ、片方のグループには覚えた情報をテストすると告げ、もう片方には覚えた情報を別の人に教えなければならないと伝えました。実際には、どちらのグループも、覚えた情報のテストを受け、別の人に教えることはしませんでした。それでも、別の人に教えることになると思っていた被験者のほうが、テストで良い結果を出したそうです

私たちに自覚はないのですが、あとで誰かに教えなければいけない情報を覚えようとする時には、無意識のうちに、学習方法が効率的なものになる傾向があります。たとえば、情報の最も重要な部分や、それぞれの概念の結びつきに注意を払い、頭のなかで情報を注意深く整理するようになるそうです。

 ご家庭でもお子さんが「これ知っている?」と言ってきた時、 親の知識を自慢するのではなく、あえて「えっ?なにそれ?知らないからおしえてよ」と聞いてあげる様にしていってみてください。 お子さんの学習意識を変化させるいいきっかけになるかも知れませんよ。   

●ランキングに参加しています。ポチっと押してください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

記事一覧へ

伊藤恭先生の新着ブログ